抗真菌薬の画像
水虫について説明する医師

真菌、いわゆるカビが原因の水虫に効果的な抗真菌薬。どれが自分に合った薬なのか選ぶのって難しいですよね。そこで当サイトでは抗真菌薬とその選び方についてご紹介いたします。どうぞご覧ください。

春のお風呂の抗真菌方法とは

春は季節の変わり目なので体調を崩しやすく、免疫力も低下する季節です。そうすると日和見菌と言われる、普段であるならば感染することなくやり過ごしているさほど強くない菌にも感染しやすくなってしまうのです。それがいわゆる真菌、カビのことです。代表的なものにカンジタ菌や水虫菌などがあります。そして感染源として身近にあるものはお風呂です。夏になると不特定多数の人が入るプールなどがありますが公共のプールでは抗真菌薬を使用している場合が最近では増えてきました。ですが今や最も身近な敵の潜伏地はお風呂場なのです。高齢の方で免疫力が極度に低下したり病気などで免疫抑制剤などを使用している方はこの日和見菌の感染でも命を落とすケースもあります。そこまではないとしても水虫やカンジタには感染したくはないですよね、ですからその予防方法を、抗真菌、そう真菌に抗う方法をお教えいたします。一言でいうと、お風呂場のカビを取り除くのです。専用の洗剤を買ってくる必要はありません。家にあるもので真菌を退治していきましょう。まず用意するものは、重曹、お酢と水であとはす。あると便利なものとして、混ぜたも水をスプレーする際のスプレーボトルと手が荒れないようにゴム手袋などをすることをお勧めします。お酢と水は1:4で混ぜてボトルのを良く振りしっかりと混ぜ合わせます。それをゴムの部分などに発生した黒カビに吹き付けて数時間待ちます。ゆっくり抗菌されていきます。そして使わなくなった歯ブラシやたわしなどでゴシゴシとこすります。このとき菌を吸い込まないようにマスクをすると良いです。そしてそれでも取れないカビには重層を薄めずそのまま振りかけます。しゅわっとなってその上からまたお酢のスプレーをかけてしばらく待ちます。お風呂は身体に触れる部分が多いので、できるだけ安全な素材を使って掃除すると小さなお子さんがいる家でも安心です。