抗真菌薬の画像
水虫について説明する医師

真菌、いわゆるカビが原因の水虫に効果的な抗真菌薬。どれが自分に合った薬なのか選ぶのって難しいですよね。そこで当サイトでは抗真菌薬とその選び方についてご紹介いたします。どうぞご覧ください。

市販の尿素配合の抗真菌薬とエタノールで水虫治療?

水虫は白癬菌と呼ばれる真菌に感染する事によって発症します。
高温で多湿な環境を好むので例えば梅雨のジメジメした季節に靴を履いていると白癬菌が繁殖するには恰好の環境であるといえるので、注意しないと知らぬ間に水虫になっているという事にもなりかねないです。
水虫に感染すると水ぶくれが出来たり痒くなったりし昔は治療するのが困難でしたが、現在では治療するのはそれほど難しくは無くなっています。
きちんと処理をしたいのであれば病院で診てもらった上で抗真菌薬を処方してもらうのが良いですが、仕事が忙しくてなかなか休みを作って病院へ行く時間が無いという人もいます。
そのような人でも抗真菌薬は市販薬としてでもいくつか販売されているので試してみると良いです。
白癬菌は角質まで入り込むと治療するのに時間が掛かりますが、そのような水虫に対しては尿素を配合している抗真菌薬を用いると良いです。
尿素は角質化した肌を柔らかくする効果があり、硬くなった角質を柔らかくする事によって抗真菌作用をより高くする事が出来ます。
一方、水虫を治すのにエタノールを使えないかと考える人もいますが、エタノールについては確かに消毒としてもエタノールは一般的に使われていて簡単に手に入れる事が出来、真菌に対してもエタノールの消毒作用は有効と言われています。
ただし、有効であるとは言ってもエタノールが直接真菌と接触した場合の話であり、真菌が皮膚に潜り込んだ状態でエタノールを用いてもエタノールが真菌に対して十分に作用する事が出来ない事からあまり意味がありません。
水虫をきちんと治療したいのであれば専用の市販薬を用いるか、それでも効果が十分で無いならば医師に診てもらった上で適切な治療薬を処方して貰うべきです。